CONCATENATE関数で作った文字列を計算式として認識させ、自動計算させる方法

エクセルの表で、CONCATENATE関数を使って、計算式を作ったとしも、文字列として認識されます。そのためこのままでは関数の内容は計算されません。

そのため、セルの内容を自動で再計算させるためにはある種のテクニックが必要とされます。そのテクニックをここではメモの代わりにして残しておきます。

まずはCONCATENATE関数が入ったセルをコピーして同じ場所に値として貼り付けます。Ctr+Cでコピーして、Ctr+Alt+Vを押して、ペースト内容を「値」にします。

これによって、計算式冒頭の「=CONCATENATE(」が消え、求めたい計算式の内容がそのままセルに表示されます。これだけでは文字列として認識されたままで計算はされません。

そのため、次に、該当するセルを選択したまま、「=」を「=」に置換します。Ctr+Hで、「=」を置換元と置換先として入力してください。そして置換を実行すると自動的にセルの中の関数が計算されて結果が表示されます。

これだけ、CONCATENATE関数で数式を実行に移すことができます。

プライバシ―ポリシー 免責事項

 

Copyright © 2007-2017 Life In Germany All Rights Reserved.