両国慰霊堂を訪問

9月1日の関東大震災の慰霊祭。これは両国の慰霊堂で行われます。

これは彼女のリクエストで行きました。一番興味深かったのは、大震災のときに虐殺された韓国人の慰霊祭です。大震災の慰霊よりこっちのほうが盛り上がってました。

でその後は歩いて、隅田川のほとりで昼食。もちろん食費をけちって家から食事は持参ですwその後は吉良上野介邸跡に行ってきました。かなり小さな部分が公園として残ってるだけで、首洗いの井戸があったのが唯一の救い。その後は彼女が足袋に興味があるので足袋資料館に。資料館といっても足袋の店のディスプレイ程度。江戸時代の力士の雷電とか曙の足型とかがおいてました。で、このお店にも2人で入りたかったけど、これがなかなか店の持つ雰囲気のために入ることができず考えること10数分。ついに意を決して店に入ると、予想よりは高くはなかったけどやっぱり高い。宮内庁御用達とか書いてあるからやっぱりって感じ。この店はめちゃくちゃ狭くて買わずに店を出るのは少し恥ずかしかったけど高くて買われへんから退出。安いので4000円台でした。あとは両国の桐博物館てゆうところに行きました。これも店の中が資料館みたいになってて、色使いとかがかなりいい家具がありました。もちろんかなり高い。でそのまま徒歩で亀戸天神まで。亀戸天神は藤棚がきれいらしいけど時期はずれ。

 

 

その後は徒歩で自宅まで帰宅。帰りは両国から4時間ほど歩いたことになるかな。道も覚えたし関東大震災が再びきても歩いて大学から帰れます。でも大地震が来たら、おそらく何個かある道中の橋が崩落してる可能性もあるので歩いては無理かも。帰宅途中のペットショップに立ち寄って、いろんなペットを見る。やっぱりセキセイインコはかわいいね。値段も1000円程度みたいやし、いつかまた飼いたい。このペットショップでセキセイインコを彼女が見たことで彼女の心中も変わったみたいで、鳥もかわいいみたいなことを後日ゆってたんで収穫も大きかったですw。彼女は前から柴犬ファンやったんでいっつも柴犬Vs.鳥みたいな論争が起きてたけど、今後は有利に展開を運べそうですw。俺もだいぶ大阪で柴犬に触ったことで柴犬への抵抗も少なくなったのでお互い様やけど。この日はかなり東京も涼しくて観光も快適でした。

プライバシ―ポリシー 免責事項

 

Copyright © 2007-2017 Life In Germany All Rights Reserved.