読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイデルベルクHeidelberg フランクフルトFrankfurt a. m.までの旅行(1)

時系列はバラバラですがハイデルベルクにも行ってきました。

1泊2日の旅で週末チケットSchönes-Wochenende-Ticket を使って行きました。このチケットはICEとICは乗れませんがS-Bahn, RB, IRE, REには自由に乗り放題で、一日券で33ユーロで一枚のチケットで5人まで一緒に電車にのれます。これで一日目はシュトゥットガルトからハイデルベルクに行って、昼間観光したあと夕方にフランクフルトに到着しました。その次の日はまたこのチケットを買い、フランクフルトからシュトゥットガルトまで戻ってきました。

まずはハイデルベルク。朝の10時過ぎに到着したので観光客も少なく快適に観光ができた。でもすでにアメリカ人と中国人の団体観光客がちらほら見えたが、まったく観光には支障がなく快適。しかし、午後になるとアメリカ人と中国人の団体観光客が多くなり、日本の渋谷、新宿のようなにぎわいようを見せ、静かに観光もできなくなる。でもこれだけ観光客が訪れるだけの理由はあって、小さなきれいな街で、近くにネッカー川と山が見え、かなり自然の景色もいい。

ハイデルベルク大学の図書館。東大とは比べ物にならんくらい豪華。こういうところで勉強してみたい。ハイデルベルク大学はマックス ヴェーバーが教授をしていた大学でもある。

Studentenkarzer学生牢。大学が学生を処罰するためのもので大学がこの街の支配権を持ってたころに使われてたもの。入場料が高かったから入らんかった。

ブンゼン灯Bunsenbrennerを開発したハイデルベルク大学教授のブンゼンRobert Wilhelm Bunsenの銅像。

ブンゼン灯は学校の理科の実験で使うやつで誰でも知ってる道具。写真を見ればすぐわかる。

どういうわけか、ハイデルベルク城は廃墟みたいになってる。第二次世界大戦ではハイデルベルクは爆撃を免れたはずやのに。

ヴァイマール共和国初代大統領Friedrich Ebertフリードリッヒ エーベルトの生まれた家。中は当時のままになってて、当時の労働者階級の住居がわかるようになってます。とはいえ、内部は生活用品が整理されており、写真を通して当時の居住空間の狭さが感じられる。というのは当時は、今公開されている空間により多くの家具や生活用品が詰め込まれていたからです。

<免責事項>

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。 また、当サイトに掲載されるリンク先に関して一切の責任を負いかねます。 予めご了承下さい。

 

<Amazonアソシエイト・プログラムについて>

Life In Germanyは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

<当サイトのプライバシーポリシー>

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

・Google は第三者配信事業者として、Cookie を使用してサイトに広告を配信します。

・Google 広告 Cookie を使用することにより、お客様のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、Google や Google のパートナーのユーザーに適切な広告を表示できます。

・ユーザーは Google の広告とコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。

 

Copyright © 2007-2016 Life In Germany All Rights Reserved.