ヴィーナーシュニッツェル

ドイツ語圏にはヴィーナー・シュニッツェルという料理があります。これは日本のトンカツの起源になった料理です。個人的には日本のトンカツよりおいしいと思っています。この料理はその名前の通り、ウィーンの料理です。簡単に料理の仕方を以下に紹介します。

まず豚肉を、肉を叩く道具を使って叩いて、肉の繊維と筋を壊して、たいらに引き延ばします。

その次に、肉を小麦粉に入れて、その後に卵をといてそれに塩こしょうであじつけをしたものに軽くつけます。

最後にパン粉に肉をつけていきます。

そしてフライパンで焼きます。

完成。にんにくでつくったソースで今回は食べました。果実ジャムとかケチャップとかで食べることもできます。添えてあるのは、じゃがいものピュレー。

ただ日本でつくると、ドイツとはパン粉が違うらしくてなかなかドイツの味がでないと思います。

プライバシ―ポリシー 免責事項

 

Copyright © 2007-2017 Life In Germany All Rights Reserved.