読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テロの危険を受けて駅が封鎖! ドイツ・ヴィースバーデン中央駅

今日(12月21日)の午後、ドイツ西部のリュッセルスハイムからヘッセン州州都ヴィースバーデンへの電車のなかで、乗客が、二人組の男性がアラビア語でテロの計画を話しているのを聞いて警察に通報しました。

その二人組はヴィースバーデン前で電車を降りたらしいですが、ヴィースバーデンの駅は13:00-14:00の間封鎖されていました。

ヴィースバーデンのクリスマスマーケットも封鎖が検討されていたようです。

hessenschau.de

ヘッセン・ヴィースバーデンを上から見ると

(ヴィースバーデンの町並み)

まさか自分の街でこんなことが起こるとは思ってもいませんでした。もしこの計画が本当だとすると、人混みは怖いですね。

この二人組について降車後の足取りも不明のようですし。
特に宗教的な意味合いもあるクリスマスの時期なので、こういったニュースは気になります。

ただこのニュースで引っかかるのは、乗客がアラビア語を理解できたということです。
普通はアラビア語はわからないので、不幸中の幸いですね。

(リュッセルスハイムからヴィースバーデンまでのルート。Google Maps より)

二度目の爆弾騒ぎ

同日の夜には不審な荷物がヴィースバーデン中央駅で発見され、一部のホームが封鎖されていました。結局、荷物に問題はなく、21:15ごろに封鎖は解除されましたが、警察もぴりぴりしています。

<免責事項>

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。 また、当サイトに掲載されるリンク先に関して一切の責任を負いかねます。 予めご了承下さい。

 

<Amazonアソシエイト・プログラムについて>

Life In Germanyは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

<当サイトのプライバシーポリシー>

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

・Google は第三者配信事業者として、Cookie を使用してサイトに広告を配信します。

・Google 広告 Cookie を使用することにより、お客様のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、Google や Google のパートナーのユーザーに適切な広告を表示できます。

・ユーザーは Google の広告とコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。

 

Copyright © 2007-2016 Life In Germany All Rights Reserved.