読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年】ドイツのクリスマスマーケットとテロ危険度

ドイツのクリスマスマーケットを訪れる人は、テロの可能性が心配ではないでしょうか。2016年にはドイツでも一度爆弾が爆発していますし、テロ未遂はしばしば報道されています。
そこで、ドイツに観光で来るけどできる限り安全に観光したいという場合、どのように振舞えばいいかをまとめてみました。

イルミネーションがきれいなクリスマスマーケット

輝くクリスマスツリー

都市別

まずは、どこのクリスマスマーケットがテロの攻撃の目標となる可能性が比較的高いのでしょうか。

以下の特徴がある場合、その可能性は高いのではないかと思います。

  1. 世界的に知られた大都市
  2. 観光地
  3. アメリカ人が多い、特に基地がある都市

この二点を踏まえると以下の都市は避けたほうがいいでしょう。

①かつ②を満たす都市

  • ベルリン
  • ミュンヘン
  • フランクフルト
  • ハンブルク

②だけを満たす都市

  • ハイデルベルク
  • ニュルンベルク
  • ドレスデン
  • ケルン
  • ポツダム

③だけを満たす都市

  • ヴィースバーデン

時間帯

あと訪問する時間帯も大切です。

金土日の夕方以降は人も増えてくるので、避けたほうがいいでしょう。
平日であっても、店はありますし、人もそこそこいるので、平日の夜がいいでしょう。
夜はライトアップもされていますし、雰囲気も楽しめます。

ソーセージ

小屋
それでは、ドイツのクリスマスマーケット楽しんでください。

なお上記の記述はドイツの中で比較しての話しであり、絶対に危険/安全というものではりません。すべて私見ですのでこれを参考にご自身で判断してください。

<免責事項>

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。 また、当サイトに掲載されるリンク先に関して一切の責任を負いかねます。 予めご了承下さい。

 

<Amazonアソシエイト・プログラムについて>

Life In Germanyは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

<当サイトのプライバシーポリシー>

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

・Google は第三者配信事業者として、Cookie を使用してサイトに広告を配信します。

・Google 広告 Cookie を使用することにより、お客様のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、Google や Google のパートナーのユーザーに適切な広告を表示できます。

・ユーザーは Google の広告とコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。

 

Copyright © 2007-2016 Life In Germany All Rights Reserved.