歌舞伎を観覧

今日は歌舞伎座で歌舞伎を見てきました。

題目は熊谷陣屋というもので敦盛を討ち取ったあとの熊谷次郎直実やその周辺の苦悩を描いたものです。歌舞伎は2回目で1回目は四十七士の話でした。東京は他の地域の歌舞伎とは違って一幕見席というのがあって1000円ほどで1時間半ほどの一幕が見れます。もちろん、一番後ろの席ですが、時間的にも値段的にもてごろで是非おすすめです。このような一幕見席で見ている観客には歌舞伎の目が肥えた玄人が多いそうで、芝居中のこうした人たちの掛け声が歌舞伎役者の成長を促しているともいえます。実を言うと8月の歌舞伎の怪談が見たかったのですが、時間がなくて8月は歌舞伎を見にいけなかったのでまた今度行きます。最近はお岩神社に行ったりして怪談に興味があります。というよりようやく日本のことにかなり興味を持つようになりました。お寺とか神社とか。最近の観光三昧のせいと思うけど。

<免責事項>

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。 また、当サイトに掲載されるリンク先に関して一切の責任を負いかねます。 予めご了承下さい。

 

<Amazonアソシエイト・プログラムについて>

Life In Germanyは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

<当サイトのプライバシーポリシー>

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

・Google は第三者配信事業者として、Cookie を使用してサイトに広告を配信します。

・Google 広告 Cookie を使用することにより、お客様のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、Google や Google のパートナーのユーザーに適切な広告を表示できます。

・ユーザーは Google の広告とコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。

 

Copyright © 2007-2017 Life In Germany All Rights Reserved.